乳酸菌の種類

健康

乳酸菌の種類

乳酸菌というのは糖を分解し乳酸を作ってエネルギーに変える細菌の総称です。
ですから一口に言っても、実はその種類は非常に多く効果もそれぞれ違います。

乳酸菌といえばまず思い浮かぶのがビフィズス菌です。
これは生まれた後に母乳を飲むことで腸内に増える乳酸菌なのですが、
最近ではミルクで育つ子供も多いことからビフィズス菌を取り入れることの重要性が言われています。

また、最近CMでよく聞く名前にガセリ菌というのがあります。
ガセリ菌はダイエットに有効ということでも注目されている乳酸菌です。
その特徴は、なんと90日間も腸内にとどまることができて、
その間脂肪吸収などを抑制する働きをするということです。

ラブレ菌もCMでよく聞きますよね。
これは植物性の乳酸菌で、特に更年期障害などの症状に良いようですね。
ですから大人女性にはぜひとも取り入れてもらいたい種類です。

あまり聞きなれない名前ですが、美肌を目指すのでしたらクレモリス菌を
積極的に取り入れるのがおすすめです。
これは皮膚の血行を良くしてくれるといわれている乳酸菌なので、
その影響によって美肌が期待できるというわけです。

ここまでで紹介した乳酸菌は、ほんの一部の種類にすぎません。
全体ではもっと多くの種類があるのです。
その中の代表的なものだけでもこれだけあり、しかもそれぞれに有効な分野が違ってきます。
ですから、乳酸菌を利用して健康的な生活を送りたいと思った時に、
ただ単にヨーグルトを食べるというだけでは不十分なのかもしれません。

本当にその乳酸菌の力を最大限に活かしたいというのであれば、
大切なのは自分の悩みや解決したいことに一番合致している種類はどれなのか?
ということをきちんと把握しておくことです。

便秘解消がしたいならビフィズス菌でしょうし、ダイエットをしたいならガセリ菌です。
同じ美肌でも便秘が原因の肌荒れを解消するならビフィズス菌ですが、
肌本来の力を引き出したいというのであればクレモリス菌の方が向いているかもしれません。
他にも、ガン予防に効果のある乳酸菌もあるので、健康に気を使っている方にはピッタリです。

このように、主な乳酸菌の働きを知ることで、よりその力を有効活用できるようになります。

こちらの青汁は日ごろの野菜不足を補ってくれるだけでなく、ダイエットや美肌効果など体にうれしい効果がたくさん詰まっているのでおすすめです。