健康

便秘に効果的な乳酸菌

便秘は万病のもと、などとも言われています。
ではなぜそのように言われるのかというと、便秘になっている状態というのは
腸の状態が良くないものになっているからです。
腸には善玉菌と悪玉菌がいて勢力争いを日々しているわけですが、
善玉菌が優勢の場合には便秘ということにはなりません。

つまり、便秘になっているということは、善玉菌が弱ってきてしまっている状態ということなんです。
この状態になってしまうと、体は免疫力も低下してしまいますし、
腸内で発生してしまった有毒物質なども全身にめぐるようになってしまいます。
その期間が長く続いてしまうと、はっきりと病気の形になって表れてしまうというのです。

そんな便秘の解消に良いと言われているのが乳酸菌です。
なぜ乳酸菌が便秘に良いのかというと、それは腸内の善玉菌の強い味方になってくれるからです。
乳酸菌は腸内だけでなく、体内をキレイにしてくれるのです。
どのように味方してくれるのかというと、まず善玉菌と同じ働きをして悪玉菌をおさえつけてくれます。
そして胃酸などによって分解されてしまった乳酸菌は
善玉菌のエサとなって善玉菌が増える手助けをしてくれます。
こうした働きによって、乳酸菌は腸内で善玉菌が優勢になるのを助けてくれるというわけです。

また、乳酸菌にプラスすることでより効果的に善玉菌を増やすことができるのがオリゴ糖です。
オリゴ糖もまた善玉菌のエサになるからです。
ヨーグルトに何か甘味が欲しいと思った時には、
オリゴ糖をかけて食べるというのがベストコンビネーションと言えます。

そんな乳酸菌を選ぶポイントですが、
できる限り生きたまま腸内に届きやすいものを選ぶことがポイントです。
そのためには、プロバイオティクスとパッケージに書いてあるヨーグルトを選んだり、
植物性乳酸菌の含まれているものを選ぶというのが大切です。
こうした商品に含まれている乳酸菌は比較的腸まで届きやすいようになっていますので、
善玉菌の良い味方となってくれる数がより多いというわけです。

↓マカは毎日元気にしてくれる