健康

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌にはほとんど把握するのが困難なほどたくさんの種類があるのですが、
これを2つに分類することができます。
それが動物性乳酸菌と植物性乳酸菌です。

この2つは一体何が違うのかというと、その住んでいる場所がまず違いますし、
住んでいる場所の違いから働きもまた違ってきています。

まず分かりやすいのが動物性です。
これは私たちが考えるいわゆる乳酸菌で、チーズやヨーグルトなどに含まれています。

動物性の棲家は非常に環境の整った状態になっています。
ですから、動物性は一般に言われているように胃酸などに弱く、腸に届く前に分解かれてしまうことが多いのです。
しかし、このように分解されてしまった乳酸菌も整腸作用には欠かせないもので、腸にいる善玉菌のエサになったりしてくれます。

一方植物性はというと、これは味噌や漬物などの植物性の発酵食品に含まれています。
こうした食品には乳酸菌以外にも様々な微生物が住んでいて、
植物性はそれらの微生物たちとうまい具合に共存する形で生息しています。
ですから、整った環境に住んでいる動物性よりも植物性の方が強く、腸内までもしっかりと届きやすいのだそうです。

このように乳酸菌は大きくわけると、性質も働きも違う動物性と植物性にわけることができます。
そして、それぞれの乳酸菌の中にも数多くの種類があるというわけです。

数多くの種類はひとつひとつその働きが違ってきますから、どちらか一方を積極的にとれば良いというものでもありません。

腸に届きやすいから植物性だけとっておけば大丈夫ということでも、
整腸作用が欲しいから動物性だけをとっておけばいいやということでもなく、
その両者のバランスを取って両方ともを上手に取り入れるということが大切なのです。

ですから、乳酸菌をしっかりと取り入れようと思ったら、食事には漬物を添えて植物性を、
食後にヨーグルトをプラスして動物性を、というようにどちらも取り入れるというような
やり方がバランスとして良いでしょう。

↓イソフラボンが体に良いのはなんで?        ↓年齢を感じてきたらコエンザイムQ10