健康

乳酸菌が含まれている食品

乳酸菌が含まれている食品には様々なものがあります。
代表的なものではチーズやヨーグルトなどでしょうか。
最近では同じヨーグルトでも商品によって違った乳酸菌が含まれているといったものもあり、
便秘に効果的・ダイエットに良い・冷え症改善に・美肌にために、といった
特定の働きを強調しているものも見られます。
ヤクルトやピルクルなどといった、お手軽に摂取できる乳酸菌飲料もあります。

また、日本にも昔からある発酵食品にも含む食品があります。
それは漬物や味噌・醤油などです。
和食で乳酸菌というとあまりピンとこないのですが、
こうして見ると日本古来の食品の中にも乳酸菌が含まれているものは数多くありそうですね。

ヨーグルトやチーズといった食品と、漬物や味噌といった食品に含まれている乳酸菌には違いがあります。
それは動物性か植物性かといった違いです。
大きく分けるとこの2つに分類できるのですが、その性質や働き方も違いがあります。

一般に言われているのは、植物性の方が胃酸などに強く腸まで届きやすいということです。
植物性は他の微生物もたくさん存在する場所で生きているため、塩や酸に強くできており、
そのため腸まで届きやすいということのようですね。

日本食を食べると便通が良くなるといった感想を持つ外国人の方がいたりしますが、
もしかするとそれはこの植物性の働きのおかげというのもあるのかもしれません。
かといって動物性が劣っているというわけではなく、例え胃酸に分解されてしまったとしても、
それもまた善玉菌にとっては良いエサとなりますから、やはり腸内の環境を整えるためには
動物性も欠かせないものなのです。

こうした働きの違いを見ていると、大切なことは両者のバランスを取ることといえそうです。
そう考えると、たくさんある乳酸菌を含む食品ですが、何かに偏って食べるというのではなく、
色々なものを満遍なく食べていくというのが一番良さそうですね。

世界中にはこのほかにも様々な発酵食品があり、それぞれに優れた乳酸菌が含まれています。
食卓の中にそうした食品を上手に利用していくことで、良質な乳酸菌を取り入れていきたいですね。

↓60種類以上の栄養素が含まれているローヤルゼリー