健康

症状に合わせて乳酸菌を選ぶ

乳酸菌を取り入れるときに大切なことは、
自分の悩みにあわせた効果・効能が期待できるものをチョイスするという点です。
たくさんの種類があって、それぞれに効果・効能が違ってきます。

ですから、その時の体調に合った乳酸菌を取り入れることで、
より良く働いてくれるということになってきます。

乳酸菌といえば整腸作用ですが、最近ではそれだけでなく
・ダイエットに良い
・コレステロールを下げてくれる
・美肌に効果的
・冷え性改善に役立つ
など、様々な分野で役立つ乳酸菌がどれかというのが分かってきています。

そしてヨーグルトなどのパッケージにもどのような乳酸菌が含まれていて何に良いのか、
といったことが記載されていることが多いですから、そうした記載を参考に
選んでみるというのも良いかもしれません。

かといって、自分の症状に合わせた乳酸菌を選ばなければ全く効果が無いのかというと、
そういうわけでもありません。
というのも、得られる整腸作用は体を健康に保つという働きによって、
体の様々な不調を取り除いてくれる可能性があるからです。

腸には善玉菌と悪玉菌がたくさんいて、日々勢力争いを行っています。
善玉菌が優勢であれば健康な状態ですし、逆であれば病気の状態です。
ここに乳酸菌がやってくると、善玉菌と同じような働きをしてくれたり、
善玉菌のエサになってくれたりして、腸内を非常に良い状況に整えてくれます。
そして健康な腸の状態が保たれていれば、免疫もアップしますし、
栄養の吸収も良くなりますから体調を整えやすくなります。

こうした乳酸菌の働きから考えると、取り入れないよりは症状に合ったものでないとしても取り入れていた方が、体にとってはプラスに働いてくれるでしょう。
ただ、体内に働いてくれるときにより効率良く自分の悩みの症状に働きかけて欲しいと考えるなら、
やはり症状に合った種類を選ぶ必要があります。

ただし注意が必要なのは、症状だけではベストマッチな乳酸菌が選べないかもしれないということです。
同じ便秘であってもビフィズス菌がすごくよくきくという方もいれば、そうではない方もいると思います。
そうした意味では、症状に合わせた種類を選ぶこととと合わせて、
自分に合った乳酸菌を選ぶということも大切です。
乳酸菌が含まれている食べ物や飲み物はヨーグルトの他にも意外とたくさんあります。
あまり知られていませんが発酵食品であれば乳酸菌が含まれています。
食品によって含まれている種類は違いますので、普段の食事に乳酸菌を含んでいる食品を入れてみてください。

↓セサミンには健康にうれしい効果がいっぱい