健康

各種乳酸菌の効能と働き

乳酸菌には数多くの種類があり、それぞれが違った働きをして違った効能を持っています。
ですから、より効果的に活かしたいと思ったら、それぞれの乳酸菌の特徴を知ってから
自分の体調などに合ったものをチョイスするというのが良いでしょう。


例えばビフィズス菌は整腸作用を助けてくれるといわれている、乳酸菌の中でも最もポピュラーな種類ですが、これは乳児期に母乳を飲むことで腸内に増えていく乳酸菌です。
ですから特にミルクで育ったという方の場合には積極的にとっていきたい種類といえます。

また、最近注目されている植物性乳酸菌の一種にラブレ菌というのがありますが、
これは非常に強く生きたまま腸内まで届くといわれています。
そして更年期障害のトラブルを軽減してくれたり、冷え性の改善に役立つ
といった報告もある種類ですから、特に大人女性には欠かせない乳酸菌と言えるでしょう。

それからフェカリス菌というのも注目したい種類のひとつです。
というのも、このフェカリス菌はコレステロール値を下げてくれるという働きがあるからです。
コレステロール値が高いということで悩んでいる方も多いと思いますから、
こうした乳酸菌も積極的に取り入れていくと良いかもしれませんね。
こちらhttp://www.strackainteriors.com/のセサミンも健康維持に高い効果を発揮してくれるので、
是非一度試してみてください。

その他にもたくさんの種類があり、やはりそれぞれ働きが違ってきます。
美肌に良いとされるクレモリス菌や、ダイエットに効果的なガセリ菌など、それぞれ得意分野と呼べるようなものがあるのです。

普段何気なく食べている発酵食品ですが、こうした含まれている乳酸菌の種類によって
どういったシーンで食べたら良いのかというのを考えてみても良いかもしれませんね。

基本的には植植物性の乳酸菌は胃酸に強いという特徴があるので食前や食事中に一緒に食べるのが良いですし、
動物性は胃酸に弱いので食後が良いでしょう。
そして後はその日の自分の体調や、重点的にケアしていきたい部分はどこか
といったことに合わせて食品を選んでいけば良いのです。

↓美容に良いおすすめのコエンザイムQ10    ↓知らないと損!?セサミンの健康パワー